エアコンの取付を自分でする方法

スポンサーリンク

自分でエアコンの取付を考えている方に

 

家庭のエアコンの取付を自分でやってみようと考えている方は、
まずは、私のサイトで、
取付の手順や必要な工具などをご覧ください。

 

サイト運営者の電気工事士です。

 

私は、永年家庭用エアコンの取付や、
店舗などの業務用エアコンの取付などを行っています。

 

そのほかに、住宅からビル、マンションそのほかの電気工事も行っている
現役の職人です。

 

その私が、家庭用エアコンの取付手順や必要な工具などを
紹介するために、このサイトを開設しました。

 
 

このサイトを開設するきっかけとなったのは、
知人から、エアコンの取付を依頼されたのですが、
運悪く、大きな工場の新築工事を行っていて、
どうしても時間が取れなくて、断ったのです。

 

すると知人は、

 

自分でエアコンの取付けってできないかな

 

相談してきたので、

 

手順さえ間違わなければ、出来ると思うよ」 と

 

答えて、作業手順や必要な材料、工具などを教えてあげて、
私が使っている材料と工具を貸してあげたのですが、

 

私にとっては、簡単な作業でも、
はじめて自分でエアコンを取付ける知人にとっては、
言葉だけでは理解できず、
作業中に何度も電話で確認してきたのです。

 

そのたびに、事細かく説明して、
何とか、取り付けできたようですが、
このことがきっかけで、
ひょっとすると、世の中には私の知人のように、

 

自分で自宅のエアコンの取付を考えている人が居るんじゃないか

 

と思い、同じように困っている人が居るかもしれないと考え、
それなら、私が持っているノーハウや知識を紹介するサイトを作れば、
少しでも、役に立てるのではないかと考えて、
このサイトを開設することにしたのです。

 

多くの場合、エアコンを購入すると、
購入したお店に取付を依頼されると思いますが、
それだって、決して安い金額ではありません。

 

それだったら、自分で取付ければ、
その分の費用を節約できますし、
節約したお金で、他の物を購入したりおいしいものを
食べに行ったりする事だって出来ますから、
とっても得した気分になりませんか (^^ )

 

それに、一度エアコンの取付を自分で経験しておけば、
次にエアコンを購入したときも、自分で出来ますから、
業者に支払う取付費用を支払う必要がなくなり、
ずっとその分安くなり続けるんですから、
覚えておくだけの価値はあると思いませんか?

 

しかし、メリットばかりではありません。

 

当然、はじめてエアコンの取付を行うのですから、
設置不良などに伴う、冷媒ガス抜けなどによって、
エアコンが使えなくなるリスクもあります。

 

エアコンの取付けに関しては、数多くのサイトがありますが、
拝見していると、その多くが、業者目線でのサイトで、
ネガティブな内容のものが多いようです。
例えば、
「設置不良で、修理を依頼すると○万円掛かりますよ」 とか
「素人が配管を曲げると配管が折れて、そこから冷媒ガスが漏れる」
などと、不安を煽るだけの文字が並んでいるものがほとんどです。

 

確かに書かれているようなリスクもありますが、
それは、正しい手順や工具を紹介していないからであって、
正しい手順と、適切な工具を使えば、何のリスクも存在しないと私は思っています。

 

私だって、この仕事を始めるまでは、今ご覧いただいているみなさんと同じ、
まったくの素人だったんですから、みなさんだって、かつての私と同じ条件なんですから、
必ずできます。!

 

しっかりと手順を確認して、適切な工具を用いて、
確実な作業ができるようにしておくためにも、
私のサイトを利用していただきたいと思います。

 

エアコンの取付を行っている私が、こんなことを書いていては、
本当なら、自分で自分の首を絞めているようなものですし、(=n=)ウッ!
ほかの業者さんから顰蹙をかうかもしれませんが、\(`ヘ´#)
みなさんにとって、少しでもメリットがあるのであれば、
それはそれでいいと思っています。

 

 エアコン取付を行う前に確認すること

 
スポンサーリンク